手汗をかかなくする方法|自力で手汗を止める方法 >

手汗をかかなくする方法|自力で手汗を止める方法

効果のある手汗をかかなくする方法について記しています。
写真

手汗にはカルシウムが有効な理由

手汗は自律神経のバランスが崩れてしまうことで発症します。

自律神経は緊張やストレスを感じると活発になる交感神経、リラックスすると活発になる副交感神経の2つから成り立っています。

そのうち交感神経が活発になると手汗をかいてしまいます。

この交感神経と副交感神経は交互に働いているため、交感神経を抑えるには副交感神経を活発にすればいいんですね。

そこで手汗をかかなくする方法として、カルシウムを摂取することを勧めます。

カルシウムは骨を作る栄養分ですが、それ以外にも精神的にリラックスさせる効果があります。

ですから、毎日摂取し続けることでストレスに強い体になることができます。

栄養によっては過剰摂取し続けると副作用が起きてしまいますが、カルシウムは過剰摂取した分が尿として排出されてしまうので副作用の心配はありません。

カルシウムは心と体の両方を強くしてくれる栄養分なんですね。

手汗対策には感情を出すことが大事

上記のように手汗を予防するには副交感神経を活発にすることが重要です。

その手汗をかかなくする方法の1つとしてお笑い番組を見ることが挙げられます。

お笑い番組を見て思いっきり笑うことで副交感神経が活発になるからです。

お笑い番組以外にもコメディー映画や喜劇なども有効です。

とにかく、思いっきり笑うことが大事です。

また、逆に思いっきり泣くことも有効なんですね。

涙を流すことで、リラックスすることができるからです。

最近では「涙活」と言い、悲しい映画やドキュメンタリーを見ることで涙を流してリラックスする活動を行っている人が増えています。

ここで大事なのは、笑ったり泣いたりすることで自分の感情を思いっきり放出することです。

疑問に思っている人は一度試してみてください。

きっと、すっきりしますよ。

手汗には漢方薬が有効な理由について

手汗をかかなくする方法として漢方薬が挙げられます。

手汗をかいてしまう人が、手汗をかきやすい体質になっているということが原因です。

そこで、漢方薬を毎日服薬することにより体質を改善して、手汗を防ぐことができます。

これから数点、手汗に有効な漢方薬について紹介します。

まずは桂枝加黄耆湯です。

桂枝加黄耆湯は体内の汗の量を調節する効果があります。

また人によっては病気が原因で手汗をかいてしまう人もいるので、それらの病気の症状を改善する効果もあります。

次に柴胡桂枝乾姜湯ですが、この漢方薬は精神を落ち着かせる効果があります。

これにより交感神経の働きを抑えることができるんですね。

漢方薬を服薬する時の注意点として、「継続して飲まなければ効果は出ない」ということが挙げられます。

手汗をかかなくする方法、手汗をかかなくする方法、手汗をかかなくする方法

Copyright (c) 2014 手汗をかかなくする方法|自力で手汗を止める方法 All rights reserved.
▲ページの先頭へ